顧客リストだけに終わってしまわないように

4 9月 2016

CRMといった顧客情報を管理するシステムの導入って、実際にどのような目的で導入するのか、どんな戦略を立てるのか、これを事前にやっておくことが重要だそうです。そうでないとただの顧客リストになってしまうと。これってとても悲しいですよね。。

相当な費用をかけ、これからの営業をバックアップしていこう!と取り入れたシステムが、気が付いてみるとエクセルでもできる顧客リストになっていたというんですから。

アドバンリンクのコラムにおいてはこのような失敗について「導入計画時点での失敗を犯しているケースが多いものです。 CRM導入前に目的を明確にすることが必要です。」と書かれていました。

本当にそうですよね。場合によっては数千万円という多額の費用が導入にかけられるケースもあります。その費用だけに満足していて、導入目的が曖昧になされたまま計画が進行していたのでしょう。ほかのシステムと同じような感覚で導入しないこと、これが大事なんですね。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-ryoukin.html

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする