『Salesforce』を導入しているADP社

3 11月 2016

世界トップシェアを誇る顧客管理・営業支援システムといえば、セールスフォースフォースドットコムが提供するプラットフォーム『Salesforce』が有名です。日本でも大企業から中小企業まで実に様々な組織に導入されているんですよ。それはもちろん海外でも同じこと。人材管理で業界をリードしているADP社でも、60万件を超える顧客と強力な関係を維持するためにSalesforceを導入しているそう。全顧客データをSalesforceに統合し、一元管理を実現した同社の従業員は、顧客情報を簡単に参照し、あらゆるやり取りを追跡できます。営業やマーケティング部門だけでなく、財務などの各部署でも従業員がSalesforceの情報に常時アクセスしているそう。また400を超えるウェブページやランディングページをリンクさせ、常に新しい情報をSalesforceに取り込んでいるそうですよ。営業部門ではモバイル環境も整えられ、手早く密に連絡をとりながらスピーディに行動することができるようになり、移動中に契約を結ぶこともできるそう。モバイルのおかげで、有限な時間を最大限に有効活用できますね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする