SMPとkintoneのデータを相互連係するサービス登場

18 12月 2016

シャノンが提供しているマーケティングオートメーション(MA)ツール『SHANON MARKETING PLATFORM(SMP)』と、サイボウズが提供している業務アプリケーションクラウドサービス『kintone』との間でデータを相互連係するサービスが12月より提供開始されるという発表がありました。SMP内のリードデータとkintoneのSFAパックにある“顧客情報”及び“案件情報”アプリのデータを相互連係させるそう。データを相互同期することで、どういったメリットがあるのでしょうか。まずタイムリー&正確なリード供給・共有が可能になりますよね。さらにSMPのリードに関する活動履歴とkintoneの顧客に関する履歴情報を同期させることで、商談情報を基に効果的なマーケティング施策を考えることができるでしょう。マーケティングと営業、両方の部門でデータを相互に活用できるようになるというわけです。しかも、こうした環境を低コストで構築できるそう。これまで蓄積してきたデータをより有効活用したいと考えている企業は一度検討してみてはいかがでしょうか。SFAのトライアル申込みはこちら

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする