セールスフォースの買収傾向

4 4月 2017

米カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くセールスフォース・ドットコムは、世界最大のクラウド型CRM(顧客管理システム)のベンダーです。同社は買収意欲が旺盛な企業のようで、ここ三年間で17社を買収しているそう。そのうちAIが三社(Tempo AI、MetaMind、MinHash)、データ分析・データサイエンスが四社(RelateIQ、Implisit Insights、PredictionIO、BeyondCore)、アプリ開発関連が四社(HeyWire 、SteelBrick、Quip、Twin Prime)となっています。今後これら企業の技術を利用してセールスフォースが提供するシステムが更に効率化&自動化していくと思われます。昨年 同社はCRM向けAIプラットフォーム『Salesforce Einstein』をリリースしましたが、これからAIやデータ分析機能を更に強化し、効率的かつ自動で必要な分析を行ってくれるようなツールになっていくのではないでしょうか。今後も目が離せませんね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする