分析が功を奏す

17 9月 2018

ある美容室の話です。オーナーが顧客の来店記録を見ながら、半年近く来店していない顧客をどうにかして戻したいからDMを出すように、との指示がでました。そこで、担当しているスタッフが美容室らしいお洒落なハガキに「そろそろいかがですか?」といったことを添えて送ったそうです。しかし、数か月経ってもその客は現れず。

よくある話ですよね。顧客がしばらく購入したり来店しないお店では、DMやハガキで何とかしようとするケース^^私の元にも送られてきています。果たしてこういったもので顧客は動くのか・・。きっと半分半分ですよね^^

「しばらく期間が空いているからいらしてくださいね!」では説得力が無いんですよね。「こういった理由だからそろそろ来た方が良いですよ!」と、顧客一人一人に合った誘い文句を入れてみる。そうすると、顧客は「そうかしら?」と思い、「行ってみよう!」という気になるものです。

CRMはこのような顧客の分析が可能になるツール。今はすべての顧客に同じ内容のハガキを送っても、見てくれる人はいないと思っていた方が良いかもしれません。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする