顧客の行動を教えてくれる

27 12月 2018

日に日にSFAの機能は便利になってきているようです。例えば、登録している見込み顧客や既存の顧客が、自社サイトをチェックしたこと、そしてどのようなページを見て、どれくらいの時間滞在していたのか、購入に関する顧客の行動をSFAが知らせてくれるんです。

こんなことは、人が行うことは絶対に無理ですよね。ITが発達してこその、機能。それをSFAで取り入れて、SFAの画面を開いたら、こういった情報がすでに載せられているわけです。便利だし、次にどのような手を打つべきかまで知らせてくれる。

以前だったら、顧客が自社サイトを見ているのかどうかさえ、その顧客にじかに聞かなければわからないことでしたから、このIT技術の進歩とは恐ろしいものです^^

また、この機能の良いところは、すべての登録した顧客の行動が把握できるため、どのページを多くチェックされているか、逆に興味を持たれていないページはどこか、これらもまるわかりになります。すると、どんな商品やサービスを取りそろえるともっと売り上げアップにつながるか、こんなことまで視えてくるんですね。

名刺CRMアプリ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする