継続と離反の比較

22 5月 2019

CRMを使えば、既存の顧客を優良顧客へと押し上げ、継続的な購入が見込めるようになると言われています。しかしそんなにすべての企業がうまくいくわけではなく、定期購入をしていた顧客も知らない間に離反していることもよくあるんですね。

そのため、CRMの機能を使って継続している顧客、離反してしまった顧客との比較をすることも重要だと言われているんです。継続して購入している顧客の属性、購入履歴、そしてサイト内の足跡、さらには他社サイトへの流出など、自社だけでは追跡できないことも、CRMを使えばできる可能性があるんですね。これはベンダの機能にもよりますが。。

そして離反した顧客も同じようなデータを取り、その違いを見てみるんです。もちろん、離反した理由は様々でしょう。商品の価格、質、ライバル商品の出現、飽き・・・など、顧客によってバラバラですが、多くの情報を蓄積していくことで、その傾向が視えてくるようになるんですね。傾向が分かれば対策も立てやすいと言うものです。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする