失敗しても

20 7月 2019

まだまだ日本ではSFAを導入しても失敗をしてしまっている企業も多いと言われています。なぜ、こんなにSFAって導入が難しいんでしょうね。エクセルのように、何となく使っていけばそれなりに便利に使えるツール・・こんなに容易に考えているからでしょうか。

確かに、簡単に考えて導入してしまったという例もあるようですが、SFAは結果が出るまでに半年以上かかるツールだと言われています。長く使っているうちに、それぞれの営業マンや管理者との間で、導入した目的、使う意味、課題解決において視点がバラバラになってしまい、それぞれが好きな方向を向いてしまって分からなくなることがあるそうです。

また、どうせならと多くの便利そうな機能を詰め込み過ぎてしまい、結果的に2、3の機能しか使わず、コストが無駄になったとか。使い方が難しく、自社の社員たちのITリテラシーと全く合わなかったということも。

でも、こういった失敗を重ねて、本当の意味でSFAのメリットを享受できるようになれば、それはそれで良いと思いますね^^


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする