1ヵ月のお試しで

15 5月 2019

お試しって大事だな~と思うことがよくあります。ネットの上だけで見ていると、とても良さそうだし、説明されていることが自分や会社にマッチしていると、即使い始めても大丈夫だろう、という気になるんですよね。

ところが実際に導入してみると、様々な部分でマッチしていない、使いにくい、サイズが合っていなかったということがよくあります。その時のショックたるや・・。だんだんと経験を積んでいると、確認しておかなければいけない部分、というのは見えてくるものですが、とくにビジネスの現場で導入されるシステムなどは、そうそう入れ替えをするものではありませんからね。導入前には各方面ですり合わせをし、事前の準備も重要となります。

なので、1ヵ月のお試しがあるSFAなどは非常に助かると思いましたね。無料でトライアルできるSFAも今は多いと聞きます。無料で使ってもらって自社のSFAの良さを実感して欲しい、ということは、逆に言えば製品に自信を持っているとも言えますからね。


[full story]

サッカー好きの人なら楽しそう!

13 5月 2019

J2のサッカーチームが、観戦来場者の数を増やすべく、様々な取り組みを進めていく、とネットニュースに出ていました。

その取り組みのひとつに無料会員券があるそうです。え~~、入場券を無料にして、ただ来場者数を確保して、それで良いのか??と早とちりしたんですが^^会員になることが無料であり、入場券は別途支払います^^

この会員権は無料ですが、飲み物や食べ物、グッズなど購入していくごとにポイントが貯まるそうです。また、「チケットの割引、選手とハイタッチができるなど、さまざまな特典を受けられる仕組み。」とのことで、メルマガの配信やお得な情報も届くそうで、このチームを応援している人やサッカーに興味がある地元の人には、良いサービスになりそうですよね。

それに、チームとしては会員券、イコールCRMの働きもしますから、どんな層の人たちが自分たちのチームを応援してくれているのか、足りないものは何なのかなども、確認することができますよね。

参照URL

[full story]

AIという言葉を聞くと

12 5月 2019

テレビのニュースでもAIという言葉を聞くと、先進的でおしゃれな気さえしますよね^^ビジネスの現場でもまた、ITが遅れていると言われている営業の現場でもSFAにはAIが搭載され、こぞって会社の幹部らが「自社にもAIを導入する!」と言っているとかいないとか^^でも、このAIという言葉の響きが良いだけで、実際にそう簡単にはいかないものらしいです。そうでしょうね^^

それこそ、SFAやCRMなど最初からパッケージ化されているものであればそこまでは苦労しないそうですが、一から始める場合にはどれだけの勉強をしないといけないのか。。きっと営業部でAIを本格導入となれば、営業そっちのけで営業マンたちは毎日研修に追われるでしょう。そうなれば、営業マンたちは一人ずつ辞めて行ってしまうかもしれません。。

でも、ここでもし踏ん張ってAIを完全導入できれば・・。他社には真似のできないほどのすごいシステムが構築され、AIにより売り上げアップ、営業マンたちも苦労することなく営業活動をスイスイこなすことが出来るのかも、しれませんね^^


[full story]

持っていない時に限って・・

15 4月 2019

初対面の人と会わないといけない機会があった時、「しまった!名刺が無い!」と慌てました。。あ~~、なんでこんな時に大好きな手帳を忘れたんだろう・・と。お会いすることが分かっていたのですが、私の職業上、そこまで名刺というものが必要無いため、また必要以上に私の情報を伝えたくないという相手も多いため、あまり持ち歩きしていませんでした。

でもやっぱり必要な時ってあるんですよね。家の置いている名刺入れには大量の名刺が保管されているんだけど、今日は必要無いかな・・と思って外出した時に限って、しまった!と^^

こんな時、スマホの中にある名刺の管理ツールを使って30秒ほどで名刺に情報を印刷できれば良いのに~、と思ってしまいました^^ベンダーさん、一考いただけますか?^^

[full story]

デジタルを過信しないことも

4 4月 2019

名刺の管理ツールを活用していくなかで、ひとつ気を付けていきたいことがあります。それはセキュリティ。

なんとなく、デジタルで名刺情報を管理するため、アナログよりもセキュリティ対策は出来ているようなイメージがありませんか?しかし、それは全く違うんですよね。

データを紛失、デバイスごと盗難に遭ったりして名刺情報を搾取されれば、大きな被害が出てしまうことは間違いありません。一旦流出した情報はもう元に戻すことはできません。どこまででも拡散してしまい、取引先との信頼関係もゼロ以下になってしまう可能性もありますから。

デジタルだからこそ、常にセキュリティにも気を配る、パスワード管理やバックアップの習慣化など、デジタルを過信しないことも大切ですね。

[full story]

落ち込んでばかりではいけません

19 3月 2019

テレアポでもメールでも、見込み顧客から営業を断られるとやはり落ち込んでしまいますよね。多い時には一時間に50件近くのテレアポをすることもあるでしょう。このほとんどに断られていると、精神的にも相当キツいことに・・。

でも落ち込んでばかりではいけないんです。なぜ、こうも断られてしまうのか。話しも聞いてもらえないのか。オペレーターや営業マンの話し方、話の進め方、提案の仕方などがマズい場合もあるでしょう。その時には、話術のスキルアップ、これにつきます。

また、自社製品にもしかしたら魅力が足りない、といった場合もあるでしょう。あるいは、費用が高すぎる、信頼性が薄い、セキュリティの問題などなど、きっと考えだしたらキリが無いほど問題が山積みになってしまうかもしれません。

SFAを活用していれば、顧客から届く生の声を情報として蓄積でき、分析することで、顧客の本当のニーズや気持ちを知ることができると言われています。人材不足の今、こういったツールを導入することも必要になっているのかもしれませんね。

[full story]

落ち込んでばかりではいけません

テレアポでもメールでも、見込み顧客から営業を断られるとやはり落ち込んでしまいますよね。多い時には一時間に50件近くのテレアポをすることもあるでしょう。このほとんどに断られていると、精神的にも相当キツいことに・・。

でも落ち込んでばかりではいけないんです。なぜ、こうも断られてしまうのか。話しも聞いてもらえないのか。オペレーターや営業マンの話し方、話の進め方、提案の仕方などがマズい場合もあるでしょう。その時には、話術のスキルアップ、これにつきます。

また、自社製品にもしかしたら魅力が足りない、といった場合もあるでしょう。あるいは、費用が高すぎる、信頼性が薄い、セキュリティの問題などなど、きっと考えだしたらキリが無いほど問題が山積みになってしまうかもしれません。

SFAを活用していれば、顧客から届く生の声を情報として蓄積でき、分析することで、顧客の本当のニーズや気持ちを知ることができると言われています。人材不足の今、こういったツールを導入することも必要になっているのかもしれませんね。

19 3月 2019

テレアポでもメールでも、見込み顧客から営業を断られるとやはり落ち込んでしまいますよね。多い時には一時間に50件近くのテレアポをすることもあるでしょう。このほとんどに断られていると、精神的にも相当キツいことに・・。

でも落ち込んでばかりではいけないんです。なぜ、こうも断られてしまうのか。話しも聞いてもらえないのか。オペレーターや営業マンの話し方、話の進め方、提案の仕方などがマズい場合もあるでしょう。その時には、話術のスキルアップ、これにつきます。

また、自社製品にもしかしたら魅力が足りない、といった場合もあるでしょう。あるいは、費用が高すぎる、信頼性が薄い、セキュリティの問題などなど、きっと考えだしたらキリが無いほど問題が山積みになってしまうかもしれません。

SFAを活用していれば、顧客から届く生の声を情報として蓄積でき、分析することで、顧客の本当のニーズや気持ちを知ることができると言われています。人材不足の今、こういったツールを導入することも必要になっているのかもしれませんね。

[full story]

今、使わなければ意味がない

5 3月 2019

3年以上、同じ会社に勤める人が非常に少なくなってきているようです。とくに新社会人の離職率の高さは年々増しているのではないでしょうか。こうなると、名刺を交換したとしても、その人物が2年後、3年もその会社に居るのか、疑問ですよね。

そのため、手持ちの名刺は常に名刺の管理ツールなどですぐに使えるようにしておく必要があります。今、使わなければ名刺は意味が無い、という時代なんですね。

また、名刺管理ツールを利用しておけば、ベンダによっては名刺の人物が別の会社に転職したり、同じ会社内で転勤になった場合、新しい情報に自動で更新してくれるサービスもあります。このサービスによって、キーマンとなる人との結びつきを無くさずに済むわけです。

名刺は保管せず、使いきること。これからの常識となりそうです。

グループウェア機能紹介

[full story]

DMPって?

20 2月 2019

CRMについて調べていると、最近よくプライベートDMPという言葉が聞かれます。そのDMPとは何なのでしょうか??

DMPとはデータ・マネジメント・プラットフォームのことで、一人、一企業のデータを一元管理できるプラットフォームなのですが、そこには自社内にあるデータだけではなくて外部のデータも一緒に管理し、さらに分析できるプラットフォームのことのようです。

自社内のデータだけではやはり規模が小さく、またユーザーの一面しか管理することができません。ということは、分析結果も確度が高いものとは言えませんよね。そこで、自社とウェブ上にある外部のデータも取り込んで、より多くの情報から分析結果を得ることで、確度高いマーケティングを行い、売り上げアップを狙うというための基盤となるのがDMPなんですね。

ここで疑問なんですが、外部のユーザーデータをどうやって自社に取り込むことができるのか、ですが。。最近、外部のデータと連携できます!といったCRMがあるんですよね。これとDMPが大きなつながりがあるようです。

[full story]

ベンダとしての働きかけ

9 2月 2019

SFAは難しい、使い勝手が悪すぎる、といった良く無いイメージが世の中にはあふれています。でも、SFAを作るベンダはそんな声は100も承知していますから、改善に改善を重ね、日本人が使いやすく、長続きできるツールとして、開発を行っているんですよね。

あるベンダでは、SFAを正しく、そして実のあるものとして使ってもらえるよう、セミナーなども積極的に行っているようです。SFAの本来の意味、使う人たちが知っておくべきSGAの理解、共通の目的確認、単なる日報からその先の営業を見据えた営業計画の策定など、SFAを十分に使いこなせるようになるため、またSFAの魅力を存分に解ってもらえるよう、努力しているんですね~。

きっとSFAを導入し、新規顧客の獲得を急ぎたいと思っている企業は多いことでしょう。それでもまだSFAの導入に二の足を踏んでいるのならば、こういったベンダが主催するセミナーやイベントなどに参加してみるのも良いかもしれませんね。

名刺デジタル化サービス 名刺CRM | KnowledgeSuite

[full story]